BLUE-MOON RAY

石の話と、映画の感想を少し。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レディ・イン・ザ・ウォーター

今日は、N・シャマラン監督作品「レディ・イン・ザ・ウォーター」についてのお話。
これは映画館でも見てきた映画なんですが、ifさんにもう一度借りました。

映画館で見てきたときは、パンドラで予習していたにもかかわらず、半分くらいしか理解できなかったので^^;、ちょっと悔しかった;;;という私にとってはリベンジ映画です。

ストーリーは、ある大きなマンションの管理人・クリーブランドが出会った、ストーリーという妖精を助ける話。(平たく言えば。)
ストーリーを妖精の国へと帰すためには、クリーブランド一人では無理で、複数の役割を持った人々が必要。クリーブランドはそこから始めなければならないんですが、それはマンションの住人の中にいるという。

わたしはやっとこの映画を理解できるレベルに達した・・・ということかな?シャマラン監督の映画は、いろんなモチーフ・メッセージがこめられているので、それを全部把握するにはそうとうな勉強が必要かな・・・なんて思う。でも、理解できないなりのレベルでもいつかわかることがあるわけで、気になったらとにかく見てみるのがいちばんですな。

話を戻して、これはクリーブランドの心を癒すために必要だった事件なのである。
ifさんの映画の話の記事とも多少かぶっちゃいますが、一見関係ないと思われる出来事でも、ちゃんとした意味があるし、必然なのだ。
ストーリーという少女は、クリーブランドの潜在意識の中で開放しなければならない何か・・・過去の傷とか、経験とか、もしかすると才能とか???・・・だったのではないか?

ストーリーの最初の目的は「小説家を探す」だったけど、それは「クリーブランドが未来を受け入れる力を探す」といえるんじゃないかと思う。この小説家のお兄さんはシャマラン監督自身が演じていたけど、この人はストーリーに「死」を予言されていた。彼の書いた本が未来の世界を変える革命者に影響を与えるため、反革命派によって殺されてしまうという。
もちろん、そんなこと予言されたら誰だって、今書いている本を世に出さないようにしようと思うだろう。しかし、彼はその未来を受け入れる。その強さを、クリーブランド自身が持たなくてはならなかった。

目的を達成したら、ストーリーを妖精の国に帰すわけだが、このシーンが一番のなぞだったのだ、私には。
当初、役割を持った人々が集まってストーリーを帰すための作戦を考える。しかし、その作戦は見事に失敗。しかもストーリーを狙う闇の存在の狼?に襲われて、ストーリーが瀕死の状態になってしまう。

それはなぜだったのか??

役割を持った人々は、実は間違いだらけだったからである。
クリーブランドはまったくヒントなしの状況に、新しくやってきた住人から役割に当てはまりそうな人達を探す手伝いをしてもらっていた。(とはいってもアドバイスを聞いていただけだが。)その男は映画評論家だったが、がちがちの頭で理論的に物事を考えていた。

その情報を鵜呑みにしてしまって、自分で考えなかったために起きた悲劇だったのだ。アドバイスしてもらうのはいいが、それを自分で噛み砕いてよく吟味することが必要だったのに。
結局、間違った情報を与えるものは狼に制裁をくらうわけだが・・・その理由を評論家は自分で理解していたのが面白かった。(しかも命乞いしてるし。)

そうして、ちゃんとした役割に人がぴったりとはまると、ストーリーを帰るための条件がすべてそろいだす。このシーンで雨が降る理由がわからなかったけど、それによってストーリーを迎えに来る場所・・・プールサイド・・・からすべての人がいなくなる。
これって、一つ一つが完璧にあるべき場所に落ち着けば、自然と物事が成就する・・・神仕組みというやつだろう。
ということは。私たち人間がすることは、神仕組みが起こりやすいように物事を整理したり、理解したり、学んでいくことである。願いをかなえるためには、条件を整えればいいという事。

こうやって考えるといかにも簡単そうだけど、条件を見つけるまでが大変で、それがわからないからみんなが苦労するわけで。だけどきっと、わかりたいと思って考え抜いていけば、いつか突然そのときはくるのだろう。
しかし、考えすぎて映画評論家のようにがちがち頭になっちゃだめですよんvv闇の存在の餌食になってしまうかもしれないから・・・。
スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:映画

  1. 2008/12/28(日) 00:19:54|
  2. スピリチュアル
  3. | コメント:0
<<ドリームキーパー | BLOG TOP | 300~スリーハンドレッド~>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 



FC2Ad

▲PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。